保険は節税にや相続に有効な手段です。

相続が発生すると、
遺産を引き継ぐ手続きがあります。
その他にも生命保険金の手続きがある場合があります。

この生命保険金ですが、
相続時には使い勝手が良いと考えられています。

理由はいくつかあるのですが、
一つはまとまった現金を比較的早く手にすることが出来ます。

一般的な相続の手続きをとる場合には、
亡くなられた方の出生~死亡までの戸籍を取得したり、
相続人全員の実印が必要であったりなど、
手続きに時間を要します。

しかし受取人が決められている生命保険の場合には、
受取人からの請求により保険金を手にすることが出来ます。
そして必要な書類も相続の手続きよりもぐっと少なくなるのが一般的です。

そして相続人が受け取った保険金には非課税枠が設定されています。
相続人一人につき500万円です。

預金に余裕があれば、
生命保険にするだけで、
相続財産として評価する金額を下げる事が出来ます。

このような利点から生命保険は重宝されます。
財産が多い方は一考の余地があります。

«
 

トラックバックURL