それほど難しくないのが相続を分割について

家や土地、預金、債権など様々な場合には共同相続で
同様のランクを取得しようとするのは差異が生じることにも
なります。

また相続人は自己の相続分を他人に譲渡して
換金することも可能です。

(遺産の分割の基準)
第九百六条 遺産の分割は、遺産に属する物又は
権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、
心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮して
これをする。

(遺産の分割の協議又は審判等)
第九百七条 共同相続人は、次条の規定により
被相続人が遺言で禁じた場合を除き、いつでも、
その協議で、遺産の分割をすることができる。
2 遺産の分割について、共同相続人間に協議が調わないとき、
又は協議をすることができないときは、各共同相続人は、
その分割を家庭裁判所に請求することができる。
3 前項の場合において特別の事由があるときは、
家庭裁判所は、期間を定めて、遺産の全部又は一部について、
その分割を禁ずることができる。
遺産分割協議書を相続手続支援センター川崎駅前では作成手続している。
相談は無料とのこと。

(遺産の分割の方法の指定及び遺産の分割の禁止)
第九百八条 被相続人は、遺言で、遺産の分割の方法を定め、
若しくはこれを定めることを第三者に委託し、
又は相続開始の時から五年を超えない期間を定めて、
遺産の分割を禁ずることができる。

(遺産の分割の効力)
第九百九条 遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼって
その効力を生ずる。ただし、第三者の権利を害することは
できない。

(遺言による担保責任の定め)
第九百十四条 前三条の規定は、被相続人が
遺言で別段の意思を表示したときは、適用しない。

遺産分割協議書を相続手続支援センター川崎駅前では作成手続している。
相談は無料で対応してくれるらしい。相続の依頼者からの評判が上々のようで頼りになりそう。
xn--8ltrsq61dc8f.jp

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む