相続で遺言ってイメージが悪いのでしょうか?

そもそも「遺言」となると何となく暗いイメージであったり
どんよりして「嫌な」イメージを描く人も多いかもしれません。

ですが遺言は権利と義務の背中合わせであることを
知っておけば冷静に利益とそのほかの義務のバランスを
とって最終的に相続人がよりよい方向に進めるような
選択肢を得ることができます。

多くの財産をもらう場合は、そのほかの義務や
負担を強いられることも多いでしょう。
ルールをきちんと認識しておいて遺言というものは
相続人にとってどんなものであるかということを
本当に理解してもらえるように、あらかじめ説明をして
クリアにしておくことが大切でしょう。

あなたが、故人の遺言書を見つけたらどうすればいいでしょう?

民法は遺言書には厳格な方式を要求するとともに
検認や開封といった手続きを要求しています。
開封されていない封印された遺言書は相続人または
代理人立会いの中、家庭裁判所で開封しなければならないと
されています。開封されていない遺言書を見つけたら
まず家庭裁判所でなければ開封できないことを覚えておきましょう。逆に開封されている遺言書の場合はこの限りではありません。しかし、いずれにしても家庭裁判所の検認を受けることに
なっていますので、その内容、様式やその結果を検認調書として
作成しなくてはなりません。
これは偽造や変造を防ぐ意味で行われているもので非常に重要ですから覚えておきましょう。
検認義務があるものは遺言書の保管者、相続人です。

もしも定められた手続きをとらなかったり、家庭裁判所を
通じて遺言を提出しなかったりしたら、どうなるのでしょう?
封印のある遺言書を勝手に開封した場合は5万円以下の罰金、
というような過料が科せられます。

ただし、公正証書遺言の場合はこの手続きは必要ありません。
こちらは公証人の立会いのもとに厳格に手続きの上作成
されているものだからです。

遺言と相続の手続支援をしている相続相談川崎室
ここなら、相続で困ったときの力になるでしょう。
xn--8ltrsq61dc8f.jp

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む