カテゴリー: 分割する遺産のことについて

保険は節税にや相続に有効な手段です。

相続税の節税対策としてよく利用されるのが生命保険です。様々な利点があります。

相続が発生すると、
遺産を引き継ぐ手続きがあります。
その他にも生命保険金の手続きがある場合があります。

“保険は節税にや相続に有効な手段です。”の詳細は »

相続で役にたつ遺言の基礎知識

で争いごとが生じることも予想されるためきわめて、規則的なルールのもとに正しく運用されることを目的に定められています。

遺言とは、
遺言とは,遺言者の最終の意思を表したものをさします。
遺言についての民法の定めは以下の通りです。
第7章 遺  言
第1節 総  則

第960条  遺言は、この法律に定める方式に従わなければ、これをすることができない。
第961条  満15歳に達した者は、遺言をすることができる。
“相続で役にたつ遺言の基礎知識”の詳細は »

それほど難しくないのが相続を分割について

遺産の分割について、共同相続人間に協議が調わないとき、、各共同相続人は、その分割を家庭裁判所に請求することができます

家や土地、預金、債権など様々な場合には共同相続で
同様のランクを取得しようとするのは差異が生じることにも
なります。

また相続人は自己の相続分を他人に譲渡して
換金することも可能です。
“それほど難しくないのが相続を分割について”の詳細は »

相続で遺言ってイメージが悪いのでしょうか?

相続で家庭裁判所を通じて遺言を提出しなかったりしたら、どうなるのでしょう?

そもそも「遺言」となると何となく暗いイメージであったり
どんよりして「嫌な」イメージを描く人も多いかもしれません。

ですが遺言は権利と義務の背中合わせであることを
知っておけば冷静に利益とそのほかの義務のバランスを
とって最終的に相続人がよりよい方向に進めるような
選択肢を得ることができます。
“相続で遺言ってイメージが悪いのでしょうか?”の詳細は »