タグ: 説明

相続で遺言ってイメージが悪いのでしょうか?

相続で家庭裁判所を通じて遺言を提出しなかったりしたら、どうなるのでしょう?

そもそも「遺言」となると何となく暗いイメージであったり
どんよりして「嫌な」イメージを描く人も多いかもしれません。

ですが遺言は権利と義務の背中合わせであることを
知っておけば冷静に利益とそのほかの義務のバランスを
とって最終的に相続人がよりよい方向に進めるような
選択肢を得ることができます。
“相続で遺言ってイメージが悪いのでしょうか?”の詳細は »