タグ: 弁護士

借金や賃金の相続時効という概念を理解する

相続で借金があったら時効の援用について考察してみると良いだろう。解決への道が開けるかもしれない。

裁判の途中で原告や被告が死亡した場合、その地位は相続人が受け継ぐこととなります。
故人が弁護士を頼んでいれば裁判手続きはそのまま続行されます。
民事訴訟法124条によれば本人自身で裁判をしている場合はその裁判は中断されます。
“借金や賃金の相続時効という概念を理解する”の詳細は »