タグ: 公証人

相続で役にたつ遺言の基礎知識

で争いごとが生じることも予想されるためきわめて、規則的なルールのもとに正しく運用されることを目的に定められています。

遺言とは、
遺言とは,遺言者の最終の意思を表したものをさします。
遺言についての民法の定めは以下の通りです。
第7章 遺  言
第1節 総  則

第960条  遺言は、この法律に定める方式に従わなければ、これをすることができない。
第961条  満15歳に達した者は、遺言をすることができる。
“相続で役にたつ遺言の基礎知識”の詳細は »