それほど難しくないのが相続を分割について

遺産の分割について、共同相続人間に協議が調わないとき、、各共同相続人は、その分割を家庭裁判所に請求することができます

家や土地、預金、債権など様々な場合には共同相続で
同様のランクを取得しようとするのは差異が生じることにも
なります。

また相続人は自己の相続分を他人に譲渡して
換金することも可能です。
“それほど難しくないのが相続を分割について”の詳細は »

借金や賃金の相続時効という概念を理解する

相続で借金があったら時効の援用について考察してみると良いだろう。解決への道が開けるかもしれない。

裁判の途中で原告や被告が死亡した場合、その地位は相続人が受け継ぐこととなります。
故人が弁護士を頼んでいれば裁判手続きはそのまま続行されます。
民事訴訟法124条によれば本人自身で裁判をしている場合はその裁判は中断されます。
“借金や賃金の相続時効という概念を理解する”の詳細は »

相続で遺言ってイメージが悪いのでしょうか?

相続で家庭裁判所を通じて遺言を提出しなかったりしたら、どうなるのでしょう?

そもそも「遺言」となると何となく暗いイメージであったり
どんよりして「嫌な」イメージを描く人も多いかもしれません。

ですが遺言は権利と義務の背中合わせであることを
知っておけば冷静に利益とそのほかの義務のバランスを
とって最終的に相続人がよりよい方向に進めるような
選択肢を得ることができます。
“相続で遺言ってイメージが悪いのでしょうか?”の詳細は »

最新の記事 »