相続で複数の遺言書が見つかったら?

遺言は被相続人の最終の意思を尊重するものとなっており
2通以上の遺言書が出てきた場合は日付の新しいものが
優先されることになります。
そして日付の古いものに関しては撤回されることとなります。
これを後遺言優先の原則と言います。

民法1023条

1.前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、
後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす。
2.前項の規定は、遺言が遺言後の生前処分その
他の法律行為と抵触する場合について準用する。

第1024条
遺言者が故意に遺言書を破棄したときは、
その破棄した部分については、遺言を撤回したものとみなす。
遺言者が故意に遺贈の目的物を破棄したときも、同様とする。

第1025条
前三条の規定により撤回された遺言は、その撤回の行為が、
撤回され、取り消され、又は効力を生じなくなるに
至ったときであっても、その効力を回復しない。
ただし、その行為が詐欺又は強迫による場合は、この限りでない。

破棄とは切断や切りすてなど内容を識別できない程度の
場合をさしていいます。

遺言者の破棄する意思が必要であり、過失によるものは
元の内容の遺言状が有効となるわけです。

第1026条

遺言者は、その遺言を撤回する権利を放棄することができない。

相続手続支援センター横浜駅前の代表者のブログはここ
いままで何千件という法律や相続に関する相談を受けた実績があります。
http://www.souzoku-shien.net/wordpress/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む