借金や賃金の相続時効という概念を理解する

裁判の途中で原告や被告が死亡した場合、その地位は相続人が受け継ぐこととなります。
故人が弁護士を頼んでいれば裁判手続きはそのまま続行されます。
民事訴訟法124条によれば本人自身で裁判をしている場合はその裁判は中断されます。

訴訟の係属中、何らかの事由により、訴訟手続が法的に進行しない状態になることを手続の停止と呼ぶ。
現行民事訴訟法上、これには、①一方の当事者に何らかの事情が生じ、訴訟追行者の交代が必要になる中断(第124条)と、②天災やその他の事由に基づく中止

(第130条~第131条)がある。
債権は時効期間が満了したのちに事項を消滅する援用を行えばよいでしょう。
民法145条にも規定されています。援用とは・・・時効期間が過ぎれば自然に成立するものではなく、
時効が完成するには時効によって利益を受けるものが、
時効が成立したことを主張することをさします。
時効の利益を得るには自らが積極的に『時効であり支払義務は無く、支払わないこと」を
主張することです。

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む