カテゴリー: 戦後の家族法

相続手続きにおいての遺者の保険金のこと

受遺者の持分は登記しないと第三者に対抗できないとされており、相続人は登記なくして対抗できることとも異なっています。

★保険金受取人・・・・・
保険金受取人として 「相続人」 という指定がなされている場合でも、 包括受遺者は、 この「相続人」 には含まれないこととなっています。

相続は、手続きを経となく当然に、被相続人の財産が相続人に引継がれるのですが、 遺贈というのは、遺言によって、遺言者の財産の全部または一部を贈与することを指しています。
“相続手続きにおいての遺者の保険金のこと”の詳細は »

子供がいない夫婦の相続

遺言が無い場合は配偶者だけではなく亡くなった人の親や兄弟姉妹も相続人になります。

子供がいない夫婦の相続はどうなるのでしょうか。
子供がいない夫婦のどちらかが亡くなった場合
配偶者が全財産を相続できるのかというとそうではありません。

遺言が無い場合は配偶者だけではなく亡くなった人の親や兄弟姉妹も
相続人になります。
“子供がいない夫婦の相続”の詳細は »

相続で複数の遺言書が見つかったら?

前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなすという運用になってます

遺言は被相続人の最終の意思を尊重するものとなっており
2通以上の遺言書が出てきた場合は日付の新しいものが
優先されることになります。
そして日付の古いものに関しては撤回されることとなります。
これを後遺言優先の原則と言います。
“相続で複数の遺言書が見つかったら?”の詳細は »

借金や賃金の相続時効という概念を理解する

相続で借金があったら時効の援用について考察してみると良いだろう。解決への道が開けるかもしれない。

裁判の途中で原告や被告が死亡した場合、その地位は相続人が受け継ぐこととなります。
故人が弁護士を頼んでいれば裁判手続きはそのまま続行されます。
民事訴訟法124条によれば本人自身で裁判をしている場合はその裁判は中断されます。
“借金や賃金の相続時効という概念を理解する”の詳細は »