相続税の対象となる財産をあげます

相続税の対象となる財産の範囲は以下になります。
(国税庁HPより)

動産
不動産(土地や建築物など)
無体財産権(特許権)
債権
現金
預貯金
有価証券(株式、国債、投資信託など)
ゴルフ会員権、リゾートクラブ会員権
自動車、家財、書画骨董など
その他金銭的価値を有するもの全て
生命保険金等
死亡退職金等
生命保険契約に関する権利

相続開始前3年以内に、被相続人から暦年課税にかかる贈与を受けた財産

生前に、被相続人から相続時精算課税にかかる
贈与を受けた財産

●相続税の対象から、非課税財産を控除する財産相続税の対象となる財産の範囲 [編集]相続税の対象となる財産の範囲は以下のとおりである。最新情報は国税庁を参照されたい。

動産
不動産(土地や建築物など)
無体財産権(特許権)
債権
現金
預貯金
有価証券(株式、国債、投資信託など)
ゴルフ会員権、リゾートクラブ会員権
自動車、家財、書画骨董など
その他金銭的価値を有するもの全て
生命保険金等
死亡退職金等
生命保険契約に関する権利

相続開始前3年以内に、被相続人から暦年課税にかかる贈与を受けた財産

生前に、被相続人から相続時精算課税にかかる贈与を受けた財産

★相続税の対象から、非課税財産を控除する財産

・・・・相続税の対象となった財産から、借入などの債務、葬儀費用を控除。さらに非課税財産を控除することが出来ます。
川﨑で相続の無料相談は相続手続支援センター川崎駅前
おすすめできるには、それなりの理由があるのです。

墓地、仏壇、祭具などの祭祀用財産
国・地方公共団体、特定の公益法人に寄附した財産

生命保険金のうち、法定相続人の数 × 5百万円に
相当する額

死亡退職金のうち、法定相続人の数 × 5百万円に
相当する額

«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む