カテゴリー: 平成に入ってからの相続

相続税の対象となる財産をあげます

相続税の対象となった財産から、借入などの債務、葬儀費用を控除。さらに非課税財産を控除することが出来ます。

相続税の対象となる財産の範囲は以下になります。
(国税庁HPより)

動産
不動産(土地や建築物など)
無体財産権(特許権)
“相続税の対象となる財産をあげます”の詳細は »

相続の財産管理人の選任する手続

債権者は、家庭裁判所に対して、相続財産の管理をさせるために相続財産管理人を選任するよう申し立てることができます。

身寄りのないお年寄りが亡くなった場合など、
相続人がいるのか、いないのか不分明のことがあります。
仮にその被相続人に債権があった場合、貸していた方は遺産からの
清算ができるのか?返済はどうなるのかと思うのが当然です。
“相続の財産管理人の選任する手続”の詳細は »

信託の相続サービスは注目されています

遺産を分けることだけでなく、不動産の名義変更、相続税の申告など複雑な手続きを代行する業務ですよ

以下におもだった信託サービスの概略を相続に関してお伝えします。
財産に関する遺言の執行業務
遺言者の死亡後、預かっている遺言書の内容の通りに
遺産を分ける業務です。
“信託の相続サービスは注目されています”の詳細は »