保険は節税にや相続に有効な手段です。

相続税の節税対策としてよく利用されるのが生命保険です。様々な利点があります。

相続が発生すると、
遺産を引き継ぐ手続きがあります。
その他にも生命保険金の手続きがある場合があります。

“保険は節税にや相続に有効な手段です。”の詳細は »

暖かくなり春の鎌倉散歩をしてみました

鎌倉は坂が多い上に道も狭くかなり不便ではありますが、海も山もあって、住み心地は最高です!

3月も下旬になり、先週末は、ぽかぽかと暖かい週末になりました。
せっかくなので、家族3人、鎌倉散歩することに。

“暖かくなり春の鎌倉散歩をしてみました”の詳細は »

ああわが娘よ強くなれと思う母の想い

小学生の女子となると、ちょっとしたことで仲間はずれやケンカに発展しがちです。 では、それをどうやって解決したらいいのか。親がいつまでも出て行くわけには行きません。 こどもたちが自分で解決できるよう、そのヒントを与えるのって、本当に難しいです。

娘が泣きながら帰ってきました。

“ああわが娘よ強くなれと思う母の想い”の詳細は »

相続手続きにおいての遺者の保険金のこと

受遺者の持分は登記しないと第三者に対抗できないとされており、相続人は登記なくして対抗できることとも異なっています。

★保険金受取人・・・・・
保険金受取人として 「相続人」 という指定がなされている場合でも、 包括受遺者は、 この「相続人」 には含まれないこととなっています。

相続は、手続きを経となく当然に、被相続人の財産が相続人に引継がれるのですが、 遺贈というのは、遺言によって、遺言者の財産の全部または一部を贈与することを指しています。
“相続手続きにおいての遺者の保険金のこと”の詳細は »

相続税の対象となる財産をあげます

相続税の対象となった財産から、借入などの債務、葬儀費用を控除。さらに非課税財産を控除することが出来ます。

相続税の対象となる財産の範囲は以下になります。
(国税庁HPより)

動産
不動産(土地や建築物など)
無体財産権(特許権)
“相続税の対象となる財産をあげます”の詳細は »

子供がいない夫婦の相続

遺言が無い場合は配偶者だけではなく亡くなった人の親や兄弟姉妹も相続人になります。

子供がいない夫婦の相続はどうなるのでしょうか。
子供がいない夫婦のどちらかが亡くなった場合
配偶者が全財産を相続できるのかというとそうではありません。

遺言が無い場合は配偶者だけではなく亡くなった人の親や兄弟姉妹も
相続人になります。
“子供がいない夫婦の相続”の詳細は »

相続の財産管理人の選任する手続

債権者は、家庭裁判所に対して、相続財産の管理をさせるために相続財産管理人を選任するよう申し立てることができます。

身寄りのないお年寄りが亡くなった場合など、
相続人がいるのか、いないのか不分明のことがあります。
仮にその被相続人に債権があった場合、貸していた方は遺産からの
清算ができるのか?返済はどうなるのかと思うのが当然です。
“相続の財産管理人の選任する手続”の詳細は »

信託の相続サービスは注目されています

遺産を分けることだけでなく、不動産の名義変更、相続税の申告など複雑な手続きを代行する業務ですよ

以下におもだった信託サービスの概略を相続に関してお伝えします。
財産に関する遺言の執行業務
遺言者の死亡後、預かっている遺言書の内容の通りに
遺産を分ける業務です。
“信託の相続サービスは注目されています”の詳細は »

相続で複数の遺言書が見つかったら?

前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなすという運用になってます

遺言は被相続人の最終の意思を尊重するものとなっており
2通以上の遺言書が出てきた場合は日付の新しいものが
優先されることになります。
そして日付の古いものに関しては撤回されることとなります。
これを後遺言優先の原則と言います。
“相続で複数の遺言書が見つかったら?”の詳細は »

相続で役にたつ遺言の基礎知識

で争いごとが生じることも予想されるためきわめて、規則的なルールのもとに正しく運用されることを目的に定められています。

遺言とは、
遺言とは,遺言者の最終の意思を表したものをさします。
遺言についての民法の定めは以下の通りです。
第7章 遺  言
第1節 総  則

第960条  遺言は、この法律に定める方式に従わなければ、これをすることができない。
第961条  満15歳に達した者は、遺言をすることができる。
“相続で役にたつ遺言の基礎知識”の詳細は »

« 過去の記事